--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-29

命って儚くて

心のどこかで、またあなたの子供が欲しいと思っていたのかもしれない。

あなたとの、「死」という形の別れ。

正直まだ受け入れられていないよ。

ひろ。

私はまだあなたを愛していたのかな。

そして、あなたはまだ私を愛してくれてたのかな。

あなたの子供の次は、あなたを失った。

どんなに後悔しても、もう戻ることはできない。

「死」は何もかもを消す。
存在も
希望も
夢も
愛をも…

残るのは、残された人の記憶
思い出
悲しみ
向ける対象のない愛情…


私はまだ生きてる。

まだ。
まだね。

またいつかどこかで会いましょう。

私は「死」を持って別かれても、「さようなら」は言わないからね。

ありがとう。

私に愛を教えてくれたのはあなただから。

作り物の愛しかしらなくて。
汚い温もりしかしらなくて。

そんな私を救ってくれたのもあなただったよね。

ありがとう。
ありがとう。


こうなった今、あの子が生まれてこれなかったのも、運命と受け入れられるよ。


二人で仲良く待ってて。

天国は待っている。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://minatonn.blog80.fc2.com/tb.php/62-9ec7a269

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。